2014年04月01日

花粉症と言えばヨーグルト!

腸の調子を整える事で花粉症に強い体を作ってくれる乳酸菌(ヨーグルト)。
そんなヨーグルトも、効果的なものと、そうでないものがあります。

まず気になるのがお砂糖です。
甘くて美味しいヨーグルトにはお砂糖がたくさん入っています。
私たちが大好きなお砂糖、実は腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やすというマイナス効果があるんです。
加糖ヨーグルトが体に悪いという訳ではありません。
しかしながら、よりヨーグルトの恩恵を受ける為には、無糖のものを選ぶ方が良いと思われます。

次に乳酸菌について。
実は、ヨーグルトに入っている乳酸菌の多くは、腸に届く前に死滅してしまうといいます。
乳酸菌は死滅した後も、効果は継続されると言われていますが、出来れば生きた乳酸菌を摂りたいですよね。

何だか「ヨーグルトあまり意味ないじゃん…」という感じになってしまいましたが、最近は生きたまま腸まで届く乳酸菌も発見されています。

<引用元:Lier>

生きて腸まで届く乳酸菌
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」

posted by gdajdd3e3j at 16:52| Comment(0) | 乳酸菌について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

ヨーグルトを食べるのに最適なタイミング

どうせヨーグルトを食べるなら効果的に食べた方が体の為になりますね

そこでヨーグルトを食べるタイミングについてですが、食後に取るようにするといいでしょう

食前だと胃の中の胃酸の濃度が高く、乳酸菌を殺してしまう可能性があります。

最近のヨーグルトは胃酸に強い菌や死んで腸に届いても効果がある菌などもありますが、やはり生きた乳酸菌の方が体に良いような気がします。

そういう意味でも体に良い食べ方をして健康的に過ごしたいですね

生きて腸まで届く乳酸菌
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」

posted by gdajdd3e3j at 17:42| Comment(0) | 乳酸菌について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

乳酸菌の詳しいはなし

毎日続けて腸内環境改善プロピオンヨーグルト「プロピル」

善玉菌の代表である乳酸菌はブドウ糖、乳糖、オリゴ糖などの糖質を栄養にして発酵を起こし乳酸を作る細菌の総称です。

乳酸菌を利用して作るヌカ漬け、チーズ、ヨーグルト、乳酸菌飲料がすっぱいのはこの乳酸の味です。

他に乳酸菌は味噌、醤油、酒にも使われるか、かってに存在します。

乳酸菌には棒状の形をしたヨーグルトによく使われる乳酸桿菌(ラクトバチルス)やチーズによく使われる乳酸球菌(ラクトコッカス)、先が二股に分かれたY字型の形状をしたビフィズス菌などがあります。

腸内細菌は小腸の終わりから大腸へいくと急増しますが、小腸下部にはラクトバチルスが多く、大腸にはビフィズス菌が多く存在します。

中高齢者では大腸のビフィブス菌がかなり減少するそうなので、生菌が腸まで届くタイプの乳酸菌製品で補うのがよいと思います。

<引用元:食と健康の相談室>

腸内環境正常に
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by gdajdd3e3j at 15:52| Comment(0) | 乳酸菌について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。