2013年10月29日

プロピルの作り方とポイント

毎日続けて腸内環境改善プロピオンヨーグルト「プロピル」

@シェーカーはよく洗って熱湯消毒する!
→熱湯をシェーカー全体にしっかりかけて消毒しましょう。蓋も忘れずに。
 これは雑菌の繁殖を防ぎます。


Aシェーカーの中は拭かないで!
→気中の菌が付着することを防ぐため濡れたままで作っていきます。ふきんで拭いたりしないでね。


B水とプロピルをシェーカーに入れます!
→市販の飲料水や浄水、水道水を、常温でお使いください。
 冷水や熱湯では上手に発酵しない場合があります。


C蓋を閉めてしっかりシェイクします!
→水とプロピルが良く混ざるように、しっかり振ってください。


D固まるまで静かに待ちます!
→固まるまでは室温で。ゆらさずに発酵させてください。


E固まったら冷やして完成です!
→固まったら発酵成功です♪
 冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。



発酵は室温25℃が理想です。
発酵時間は12〜30時間。室温にもよるので、ゆっくり待ってくださいね。


今注目のヨーグルト
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by gdajdd3e3j at 15:14| Comment(0) | プロピルについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。